小浦ちゃんの新曲、仮唄を録音してきました。
こういう作業で一番大変なのがアーティキュレーションの調整です。
要はカッコよく歌詞にメロディを乗せていくという事ですね。
そもそも言葉と音楽とでは異なる「律」が存在しているので、
無理矢理合わせようとすると必ずどっかで不都合が出てくるんです。

センスも問われるしこれがホント難しいです。
だからこそ面白い、とも言えますが。

とまぁそんな作業を経て音楽は命を吹き込まれ画龍点晴となります。

邦楽全然詳しくないんですけど(致命的なくらい)、
ここ数年で日本語のアーティキュレーションって格段に進化したような気がします。

ラップとかじゃないですよ(笑。

どちらかと言うとJポップの類いの曲でそう感じる事が多いです。
どんどん進化していくんやろなー。
勉強しとかなきゃ。