昨日に引き続き府立体育館へ。
本日はトーナメントの後半戦で各階級の4回戦以降が行われました。
大会のメインですな。

圧巻は軽重量級の決勝戦。
正道会館から参加の板谷選手とベテラン木立裕之との一戦でした。
木立選手のラストの突きの連打、
折れない心と凄まじい迫力に会場も大盛り上がりでした。
結果は判定で木立選手の勝ち!

この木立選手という人はなんと1996年の大会で軽量級3位になったのを皮切りに、
軽量級・中量級、
それから今回の軽重量級と計3階級を制覇したんですって。
すげーなー。

昨日今日と熱い戦いを目にして、
いいモンを分けてもらったような気になりました。

そやそや、
ちょっと気が早いけど年末のK-1ワールドグランプリはみんなでグラウベ・フェイトーザを応援しましょう!

押忍!