カメラマンの谷さんの紹介で、
歌手志望の女の子と会い、ちょろっとお話させてもらってきました。
仕事柄たまにこういう事ってあるんですけど、
コメントする側としてはヒヤヒヤだったりします。

ただでさえデリカシーないですし。
無責任なこと言えませんし。

結局の所、音楽にまつわるアドバイスよりも、
世間一般の常識的な事とかに話が落ち着く感じです。
まぁその、僕は作曲家なので専門的にコメントしにくいってのもあるんですけどね。

そうそう、それに色々言ってると
「どの口がそんな事ほざいとるねん」
って自分で突っ込みたくなるんですよね。

いくつかを羅列しますと、

「基本をしっかりやった方がいい」← やってません
「色んな音楽聞いて下さい」← 普段あまり音楽聴きません
「毎日時間を決めて自己練習すべき」← ダイッ嫌いでした

皆さん謙遜で同じような事言いますが、
僕の場合はなんとマジです。(堂々

「どうすれば歌手になれますか?」
っていう問いに対する答えとしてほんっとに正直に自分の経験から言うと、
「頑張ってればなるようになれますよ」
って一言だったりします。

うーむ、全然ありがたくないなコリャ。

まあね、お節介ついでに、
自己責任の世界なので何かに依存する事のないように気をつけて下さいね、
って事は言いました。

「歌手になりたい」
「ミュージシャンになりたい」
「作曲家になりたい」

っていう動機を持つ事は自由で、
しかも入り口は色んな所にあると思うんです。
カラオケクイーンだったり、元々音楽家族だったり。
音楽教育を受けていたり、逆にそうでなかったり。
しかしそっから先は自分で切り開かないと発展もないですから。

でもねー早いウチに自己完結しちゃって、
自ら成長の機会を逃してる人も多いんですよねー。
あたしゃこの目で何人か見ました。
そういう人は諦めも早くって、
みんなどっか行っちゃったな。

でもね、
頑張ってプロとしてやっていけるようになれれば、
こんな楽しい職業ないんですよ(ニコニコ。

せいぜい頑張りなさいまし。> 全ての若い衆。
こんな僕でもアホみたいに頑張ってた時期ありました。
だからもっと頑張ればアサより凄い音楽家になれると思います。

いや待てよ?
僕もまだもうちょっと頑張ろうと思ってるから、
さらに先に行くか。

幸せやなーオレ。
こんな考え方で(ちょっとバカ。

あ、でも「アホ度」も重要なファクターだと思います。
あと「タフ度」もね。


ヨシ、いい話書けたから飲みに行こ。